たたたま雑記 - 凛々 -

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

はやぶさ、その後 

いよいよ回収したカプセルを開けるそうですね
ニコ動で関連動画を漁っては涙する日々が続いています www

115016426.jpg


特にこのラストショットには感動しないわけがありません


最後にはやぶさに地球を見せてあげたい
思いっきり擬人化したセンチメンタルな感情だけど
そういう気持ちは嫌いじゃない


カプセル放出後再突入までの約3時間
姿勢を制御し電源をいれ写真を撮る
その時点で機械はズタボロ、
しかもカメラはイトカワ撮影以来冷凍状態

かなり大変なラストミッション

はやぶさはけなげに指令に答え5、6まい写真を撮って送信
だけど、全てが真っ暗なだけの画像で
やはり駄目かと思ったそのとき、最後の一枚にこれが映っていたのだそうです
本当に本当の最期の一枚です

右下の方、データが途切れてそこから灰色の部分が始まってます
はやぶさの通信が途絶した瞬間です

このあとはやぶさは大気圏に突入し火の鳥のように燃えながら消えていきました

縦に白く光ってるのははやぶさの涙でも何でもありません www
光がもれてしまったスミアというノイズなんですって
JAXAでノイズを取り除いたクリアな写真も出してます
でも、私はこの写真の方が好き
通信が途絶えた瞬間やこのスミアも
全部まとめてはやぶさの頑張った姿みたいなものだしね

スポンサーサイト

目覚めよ! 

昨夜・・・というか世間一般的には今日ですね、午前4時前後
もう、どうにもこうにも、眠いという感覚すら感じない程眠かったらしく
這うようにしてベッドに入るというあれを地でやりました
お休み3秒、墜落睡眠


携帯のアラームに起こされたのが午前11時。

おうっ!あいつの出勤時間がとうに過ぎている!

慌てて開けた娘の部屋は・・・もぬけの殻でござんした
思わず立ち尽くし化粧の残滓を魂の抜けた目で眺めてしまいましたよ

寝ている母に気を使って黙って行ったのね・・・

でも、おねがい。一声かけて出かけて下さいまし
あまりに静かなんであなたも寝坊してるんじゃないかと
母のかよわい心臓がどっきりんこしちゃいました www

minamikawa5.jpg

気がつけば外は梅雨時らしい空模様で
仕事のときはイヤになるくらいの夏模様なのに何?この差は?
もう、神様にいじめられてるとしか思えない


この歌が好き 

眠れなかった・・・・・・





彼の声と歌い方がすき

地球の中の宇宙 

10621fg.jpg
2010年6月21日 午前3時


人がその体の中に太古の海を抱えるように
地球も自分の生まれた宇宙をその中に抱えているのかもしれない



雷雨 

10620sky.jpg
2010年6月20日 西の内あたり


雨なんか降りそうもない天気だね、って思ったら
バラバラと音がする程の大粒の雨と雷鳴

あららら

雷は近いらしくゴロゴロではなくバリバリッと聞こえる
いぬ子さん、少し脅えて二階に上がっていってしまった(笑)



にしても、
雷は梅雨明け間近の印と思っていたんだけれど
それも今は昔なんだろうか
梅雨入りしたばかりなのにもう真夏に降るような雨が降る



おかえり 

6月13日午後10時51分頃
はやぶさが7年の旅を終え地球に帰還した
大気圏で燃え尽きてもやはり帰還というのだろうか・・・
おかえり、ごくろうさま、と言ってもいいのだろうか・・・・



NASAが発表した「はやぶさ」大気圏再突入の画像
前方にみえる小さな光る点は「はやぶさ」が最後の力で切り離したカプセル
大気圏に入った「はやぶさ」は光り輝きながら進み
やがてバラバラに分解し燃え溶けて消えてしまう


残念なことに当日はサラン@カケモッチーナだったため
リアルタイムでニュースに触れることはできなかった
休みに入った水曜からネットで音声、動画、記事を漁った

そんななかで見つけた一つの書き込み

不覚にも涙が出てしまった

ただの機械を擬人化して感情移入するのは十分痛い子ちゃんだとは思うけど
物にも魂が宿る・・・って感じるのは日本民族だからなのだろうか


*****************************************************

654 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/06/11(金) 22:53:53.56 ID:IE7gwles0
>>649
センチメンタルな奴が多いな。
帰ってきた「工学実験探査機はやぶさ」ってのは、ただの壊れかけた機械だろ。

だぁからぁ。
帰ってきた「はやぶさ」は、再突入回廊ではなく、より深い降下角度で大気圏に再突入する。
帰ってきた「はやぶさ」は、断熱圧縮による空力加熱で、真っ赤な軌跡を描く紅蓮の火の玉となり、
轟音とともにダイオードひとつ残さず燃え尽きる。
燃え尽きた「はやぶさ」は、ゆっくりと成層圏に拡散する。
燃え尽きた「はやぶさ」は、高度13kmでジェット気流に乗り、天空を駆け廻る。
空を廻った「はやぶさ」は、高度6kmで乱層雲と出会う。
空を廻った「はやぶさ」は、昇華核として飽和水蒸気を集め、氷晶となり雪片となる。
雪になった「はやぶさ」は、ひらはらひらりと舞い降りる。
雪になった「はやぶさ」は、途中で融けて雨になる。
だから。

ある朝玄関を出たお前の肩先に落ちる一滴の雨粒、それが「はやぶさ」だ。


*****************************************************

「はやぶさ」はちゃんと地上に帰還したんだね
だから、おかえり、でいいんだね

はやく、はやく。ほんものは一つだけだ 



「いざ、お供つかまつらん」と

ラピスラズリの鉱脈を探す不思議な旅に誘うバロンの台詞

サランはこの台詞が大好き


で、こんなお酒を見つけてしまいました



発泡日本酒だそうです

アルコール度6%と優しいお酒です・・というか弱いお酒です
これは・・炭酸がいれてあるみたいですね
この瓶の色と名前にやられて衝動買い
いわゆるCDのジャケ買い的なものです

お味は・・日本酒弱い人でもいける感じでしょうか

瓶は捨てずに保存しときまぁす ww








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。