たたたま雑記 - 凛々 -

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

食と心 

チンゲン菜とキノコの炒め物
2010年9月30日 青梗菜とキノコの炒め物

人間は口から入るもので心も体も保たれるのだなぁと
しみじみ思う秋の夜長


鍋、釜、包丁やまな板
そんなものがなくても今や十分健康に生きていける
悪い食事の代表のように取り上げられるコンビニ弁当だけど
コンビニ過剰時代の激しい競争の中、負けるわけにはいかないと
それはそれは添加物やカロリーにこだわってるからねぇ
そういう売りを作らなければ買ってもらえないから必死だよ
もしかしたら、そんじゃそこらのおっかさんの手作りより
安全で安くて美味しいかもしれない

手作りこそ最高!というのはもはや幻想に過ぎないのだよ


と、そうは思うが
コンビニ弁当の欠点は「飽きる」ということ
それから「手抜き」という罪悪感を覚えること

おっかさんはご飯を作らなければならない
それが家族に対する愛情だ・・・という延々と受け継がれた観念のせいで
ご飯を作らないおっかさんは愛のないおっかさん、と
他人も自分も無意識におもっちゃうんだよね、きっと。
で、あたしって駄目な妻だなぁとか悪いおっかさんだなぁとか罪悪感を持っちゃう

無意識であろうとなかろうと
罪悪感を持ちながら食する食べ物が体にいい働きをするわけがない

それに確かに野菜類は不足になるよね

ビタミン信者のように野菜さえ食べてればOK!とはいわないけど
食べないよりは食べた方がいいに決まってるもの


で、何がいいたいのかと言ったら
そういう拭いきれない罪悪感に苛まれた手抜きおっかさんは
少し頑張って料理をしようかと思った・・・ということなのです wwww


もう年齢も年齢だし、自分で思う以上に頑張りが効かなくなってきていて
魅惑の肉体に保存されてた栄養の貯蓄が切れかかってるのじゃないかと
ちょっと・・ちょっとちょっと(タッチかっちゅうの)不安なんですよね
だから、少しだけ路線修正、してみよっかなぁ~と思った次第


なぁんか、こういうパターン、前もあったよなぁ
無理できる時に無理しなかったら、いつ無理するんだって
自分で自分の退路を断つためにblog利用したこと(笑)
なあに、そんなに悲壮な気合いをかけてるんだか・・・って
後から少し恥ずかしくなったけどね


何かで後ろからつっつかないとあたしみたいな怠け者おっかさんは前に進めない


てなわけで、まずは一品でもいいから毎日
そう、毎日毎日コツコツと。千里の道も一歩から。
1億5千万kmだってコツコツ歩けば2000年で到達する


うっ・・・・喩えが悪かった・・・絶対できなさそう(>_<)





-- 続きを読む --
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。